英語を学ぶときの心構えについて

英語を学ぶときの心構えについて

英語を学ぶときはどういうきっかけが多いのでしょうか。学生のときは何となくテストで悪い点数を取らないためとか受験に必要になるとかそんなことが原因でしょう。

ただそういう強制的に勉強させられる環境とは違って大人になる、つまりは社会人になると正直やらなくてもいいわけです。必要にならない仕事ってありますしね。

つまりは英語を勉強するときに何でやりたいのか?という事なんです。これは、やる目的がなければやらないという事になります。

だからこそ何となくではなくて具体的に学べるようにどういうマインドでいればいいか考えていきましょう。

SPイングリッシュ公式HPへGO

英語を学びたい理由を明確化

何でやりたいのかというのを明確にして頂くというのが、非常に重要になります。何となくだったら駄目になります。

英語はあくまでも手段ですので、英語を通して色々と出来るようになると自分に自信が付いてきますね。

そうすると英語によって仕事もできるようになるので、コミュニケーションに捕らわれず、自分の成長をしていくわけです。

だからこそ何のためにやるのか?という事を明確化していくのが大事となります。そして学び方を考えていきましょう。

はじめに考える英語の学び方

何をやるかというと、まず「使うフレーズごと覚えていく」ということをします。つまり日常会話でよくつかうフレーズをひたすらとおぼえていく、挨拶とかそういうのがいいでしょう。

理由を言うと使う言葉を事前に知っている事でないと話せないからです。実際に会話をしているとわかると思うのですが、知っていることしか話せないので、何を増やすか?よく使う表現を増やすという流れですね。英語をマスターしたいのであれば使う表現ごと叩き込んでいくのが効果的です。

だからこそ向いているのはSPイングリッシュというわけです。

英語を話せるようになるには

英語を話せるようになりたいという気持ちは英語を学んでいる人の最大の目標だと思います。しかし、話せるようになるにはどうすればいいのですかということなります。

至ってシンプルなのですが、英語をひたすら話す練習をすれば良いということになります。なので、英語を話せないという理由は練習が圧倒的に少ないということです。

この背景としてあるのは話す練習相手がいないから、英語のスピーカーが少ないということもあります。

例えば話す時、相手がいて自分がいて話すことだと思います。1人で話すって出来ないですよね。相手がいないから話す練習ができないですよね。つまり相手が必要だという事です。

これこそSPイングリッシュがまさしく対応していることです。1人で出来るようになるのですから効率がとてもあがります。

英会話にならない勉強は非効率

事前に正しいやり方、できる人から学ぶ、もっと言うとプロから学ぶ内容を聞いてやると言うのは天と地ほどの差が出てしまいます。やり方がわからなくても出来ないことはないですが効率は非常に悪いです。

まず会話を意識するという事なんですね。何でかっていうと単純です。「英会話」だからなんですよ。英会話だから話さないと会話にならないですよね?

だから英会話を中心にする勉強がいいかなと思います。

英語を話すのを恥ずかしいと思わない

私もそうだったのですが日本人のあるあるなのが英語を間違えていけない。つまりは間違いに対する恐れの克服です。

英語を始めたばかりの人が間違えるのは当たり前ですよね。初心者なんですから当然と言えば当然かも。

それは当たり前のことなのに間違ってはいけないという風に思っている方っていうのは私も含めて非常に多いかもしれません。

よくわからないのですが間違えることに対して恐怖があるんですよね。発音が良くないという事に対する怖さとかもあるんですよ。失敗したくないとか恥ずかしいとかそういう感情はどうしても初心者だと生まれてしまいます。

自分の言っている英語が合っているかどうか分からないから自信がないんですね。自分の言っている英語が通じないかも知れないという不安にかえてもいいかもしれません。

そういった弱気なマインドを打ち崩すためにはしっかりと練習していくしかありません。英語を理解していけばそのマインドもなくなってきます。SPイングリッシュはなにせ勉強しているだけで経験を増やせます。

まとめ

いかがでしたでしょうか。英語を勉強するときにつまずくところを私なり考えてみました。それぞれを克服するのにSPイングリッシュはまさに最適な答えを出していると思います。

何も英語を勉強するのに遠回りなんてする必要性は全くないです。効率よく勉強して英語が話せるようになればそれはそれでいいことはありません。

そんな人生を手に入れるためにもSPイングリッシュをやってみるのがいいかと思います。初心者からベテランまで誰にも対応していますし、これほどいい勉強の方法はないと自信を持って言えますね。

SPイングリッシュ公式HPへGO
TOPページを見る