使える英語とはなにか?

使える英語とはなにか?

TOEICスコアが高くても海外取引先と話をさせてみると全くできないとかそういうことははっきりと言って起こりえます。

その理由としてはTOEICは英語力も当然ながら見ますが、テストなのでテクニックでカバーできてしまう面もあるからです。

そうすると高いTOEICスコアを持っていたとしても形ばかりと評価が下がってしまうケースもあります。

そうならないためにも使える英語を学んでいきましょう。

TOEICの弊害とは?

英語試験のスコアや級を取得することは英語力を見る上での重要な要素の1つとなります。ただし、実際に英語を使って仕事をする場合には、テクニックを使って高いスコアや高い級を取得よりも、実践で役立つ基礎的な「読む・聞く・話す・書く」という4つの英語技能が必要になります。

英語で直接会話をする場合もあれば、英語の文面でコミュニケーションを取る場合もあります。そうした実践的な英語力は、テクニックを使ってでは身につくことが難しいと言われています。

そのため仕事で使えない英語と呼ばれてしまうわけです。

使える英語を身につけるには?

英語試験のスコアや級を取得して数値としての英語力をアピール材料とするだけではなく、実践で使える英語力を身につけるために、継続的に英語を話したり聞いたりする機会を作るべきです。

その方法としてはネイティブとの会話や会話に特化した英会話スクールに通うなどの方法が考えられます。イムラン先生の授業はまさに使える英語に特化していますしね。

このようなところに通うのはもしかしたら抵抗があるかもしれませんが、先にテストで高得点を取っておくより使える英語を学んだほうがテストでの応用がききやすいです。

理由としては英語を話せるということはテストは解けるということにほかならないからです。使える英語も覚えて、テストの点数も上がっているとなるとこちらのほうがお得、時間的な効率がいいってことになりますよね?

使える英語を手にいれるためにはまとめ

結論的にいうと使える英語を手に入れるためには英語で直接会話をすることや、英語の文面でコミュニケーションを取るという、話す、書くというテストでは使わない項目を覚える必要があるわけです。

テストのスコアだけで満足するのなら問題はないですが、より高い次元に同時並行で話す、書くということもできていたほうがいいに決まっています。

全てを満たしているイムラン先生の授業のクオリティの高さが証明されてしまいましたね。

TOPページを見る