英語を話したいその欲求を具体化するには?

英語を話したいその欲求を具体化するには?

目的や目標がある場合にそれに向かって進むのが大事というのは誰でもわかります。多くの人が達成できないのは、目的や目標があるのにそれに向かう手段がわからないということです。

英語だけではなく何でもそうですが、思っているだけで方法がわからないため二の足を踏んでしまうことはよくあり、何もできないまま動かないでいることもあります。

こういうときに重要なのはスケジューリング、いつまでに何をやるかという工程表を組みます。ビジネスでもよく使いますね。

これは目的や目標がある場合にはわかりやすく、具体化されているので挫折しないで取り組みやすくなります。

ではどのように進めていけばいいか説明します。

SPイングリッシュ公式HPへGO

目標や目的を時系列でわける

いつまでに何をやるかというのは一番大事なことです。いきなり大きな目標だったり目的にするとスケジュールが途方になってしまうので、細かくしていきます。

挫折しないで諦めることなくするためにまずは確実にできることからカテゴリーわけのようにしておくことです。タイムスケジュールをしっかり意識します。

目的や目標を細分化するには

慣れてしまえば簡単だったりするのですが、できるようになるまで訓練が必要です。例えるなら何も知らないまま楽器を渡され演奏できるようにしろといわれるようなことになります。

訓練してきた人や経験がある人なら考えて動けるようになりますが、経験がないまたは経験が浅かったりすると時間や努力を浪費してしまいます。

だからこそ英語スクールのような圧倒的にノウハウをもったところが大事になります。料理と同じで美味しい料理を作るのは難しいですが、レシピがあればそんなに難しくないです

目標があれば向かっていけます

やり方さえわかってしまえば簡単です。あとは目標に向かって進んでいくのみとなってきます。スケジュール通りに積み重ねていき達成すれば目標や目的は到達します。

理屈を書くと簡単そうですが、実際はモチベーションの問題だったり色々とあるので、そう簡単に達成はできません。しかし、スケジュールを組まないと何もできません。

まとめ

スケジュール通りに進まないこともありますし、モチベーションも維持できないこともあります。計画自体が間違っていて修正する可能性もあります。

しかし何かを達成できたということは非常に大きな自信となるので、経験を得るために頑張るというのもありかもしれませんね。充実した人生のために頑張りましょう。

SPイングリッシュ公式HPへGO
TOPページを見る